心が動いたものだけ買う、その体験。


本を買った。

何冊か買った。

普段私は、


ふらりと本屋に立ち寄り、

店内をくまなく見て回り、

いつもは手にしない本を手に取り、

中を見た瞬間心を動かす、


などということはしない。


本屋には、心に決めた本を買いに行くのだ。



先週足にケガをしてから、

なるべく安静にしようと、

自宅にこもることが多くなっている。


事務仕事がたまっているので、

それを片付けたりもしていた。


だが私は、

創造的なことが好きなのだ。


自分で何かを生み出すことが好きだ。


なのに自宅にこもっていては、

「発想が偏ってしまう」

などと感じていた。



自宅にこもっていると言いながら、

実は毎日、買い物には出ていた。


2018年3月29日の東京蒲田は、

満開の桜が散り始めている。


食料品やお酒を買いに行く道すがら、

お寺にある桜の木を見上げた。


大きな紙製の軽いバッグを手に提げ、

ワンピースにスニーカーに麦わら帽子を身に着けた私は、

テクテク道路を歩いて行く。


桜を見上げ、

排気ガスのまじった空気を吸い、

駅ビルの本屋に立ち寄り、

写真のような本を手に取る。


中を見た瞬間、

「ハッ」とか「ん」とか、

何かしら心が動いたものだけを買った。


今夜は白ワインにチーズをやりながら、

これらの本を適当に読み散らそうと思う。




おまけ。



レジで会計をする時、

合計金額が「5,555円」になった。


「おっ」と思った。


しかし店員は眉をピクリとも動かさなかったので、

そんなゾロ目はよくあることなのだろう。


だけど私にとっては珍しいことなので、

なんだかすごく得をした気分になった。



ヒューマンラボ

文章プロデューサー大竹ひろこが、 より伝わる文章に、変身させます。

0コメント

  • 1000 / 1000