とは言え、自信を持って話せない、書けないあなたへ。

先程、こういう記事を書いた。

自分の常識は他人の非常識である場合が多いから、

誰にでもわかるようにこんな風に書くといいよ、

という記事である。


さて、この記事の中で、

こんなことも書いた。


 自信を持って話すべきである。 

 素人の方は何もわからないのだから、 

 相手に自信を持って話された方が、 納得感が強い。 


「そうだよね、話はわかるよ」

「だけど自信を持って言えないの」

「こうだと言える根拠がないから」


そんな風に感じた方、

多いのではないでしょうか。


さて、

そんな「経験はあるのに自信はない」あなたへ。


自信を持って話せる!書ける!

そんな方法をお伝えします。


すべての話の前に、

これをつけてください。


「私の経験では」


自宅などでサロンを経営されている方は、

「私のサロンでは」


会社を経営されているなら、

「当社では」


よく街でも見かけますよね?

「当社比」とかね。


あれと同じです。


「私の経験ではこうなんです」


こう言って、突っ込まれることはほとんどありません。

だって、自分の経験なんだもん。

他人が確認するすべはありません。


「私のお客さんで多いのは……」


これも使えますよ。


私なんてほとんどこれですよ。

お客さんの前で私が話すことと言えば、


「私のお客さんでこういう人がいてね」


こればっかりです。


これに突っ込まれたことはないですし、

むしろ「そうなんだ〜」と納得されることがほとんどです。


さあ、あなたも今日から自信を持って!


「私の経験では……」

「私のサロンでは……」

「当社では……」

「私のお客さんにこういう人がいてね……」


堂々と、自信を持って。

語り、書き、相手を納得させてあげましょう!






ヒューマンラボ

文章プロデューサー大竹ひろこが、 より伝わる文章に、変身させます。

0コメント

  • 1000 / 1000