大竹ひろこ

文章プロデューサーとして活動しています。
「文章ひとつで人生上向き」でっせ!
文章の悩みを抱えるあなた!
とりあえず私のところにいらしてください!!

記事一覧(13)

あなたの常識は、他人の非常識である。

アロマセラピストをしている人が、  「おなかが固くなっている」 「胸が固い」 「呼吸が浅い」 「おなかに指が入らない」 こう言います。  彼女にとってそれは常識なのだけど、  素人の私からすると「?」 こちらからすれば、  「で、それが何なの?」

となるわけだ。  そんな風に突っ込まれたとき、  「こうだからこうなんだよ」  即答できるならいい。  即答できないなら、  それは問題。 即答できるようにしておく必要がある。  それともう一つ。  自信を持って話すべきである。 素人の方は何もわからないのだから、  相手に自信を持って話された方が、  納得感が強い。  「そうか!だからか!」  そう思えたならきっと、  アロマセラピーを受けに行きたくなる。  誰もが何かの専門家であるけれど、  誰もが何かのド素人でもある。  専門家の立場になると急に、  素人にはわからない「あたりまえ」を語りだす。  逆の立場になると、  「そんなのわかんないし」となる。  そう。  誰かの常識は、  誰かにとっては非常識なのである。  だから、教えてあげる必要がある。  わからない人に、わかるように教えるのだ。  その教え方にコツがある。 今日はそれをお伝えする。まず、自分が「こうだ」と信じていることを列挙する。 次に、それを疑問形に書き換える。 例えば冒頭のアロマセラピストの言葉でいえば、  「胸が固い」  → 胸が固くなっていませんか? 「呼吸が浅い」 → 呼吸が浅くなっていませんか?  このようになる。  こう書くと、 素人には「気づき」となるわけだ。 人は問いかけられると、  その答えを探そうとする生き物。  疑問形にするだけで、  一気に人の気を引くことができる。  自分の専門分野をうまく伝えたい場合に、  この方法は非常に有効だ。  ぜひ試してみてほしい。  

自叙伝的小冊子、作ってみませんか?

ネットショップが盛んになり、街の本屋がつぶれているとはいえ、いつまでも廃れないのが「本」というもの。出版が流行っていますね。今や電子書籍なら自費でどんどん出版が可能ですし、紙の本だって、お金さえ出せば誰でも出版ができます。そう、お金さえ出せば。出版社にもよりますが、紙の本ならば、ライター付きで200万円もあれば出版できます。誰だって、できます。だけど、200万円もかけるなんて……私だったらその前に、自前で出版しますね。出版というか、小冊子を作るのです。小冊子だろうが本だろうが、目的は一つ。「自分が書いた文章を他人に読んでもらうこと」ならば形は何でもいいではないか。というのが私の持論です。だから、作りました。自分で勝手に小冊子を作りました。そしてそれを無料で配りました。「欲しい」と言ってくれる人に……。例え無料だとしても、欲しくもないものを欲しいとは言わないはず。だから2冊の小冊子を、100名近い方の手元にお届けすることができて、私は本当に嬉しく思いました。わりと簡単に作ることができたので、「小冊子作成サービス」を立ち上げることにしました。現在、ある人にモニターになってもらい、彼女の小冊子を作成中です。ほぼ完成しまして、後は最終チェックを残すのみ。「これ、いいサービスです」「自分でできないから」彼女からはそんな声をいただきました。自分の小冊子を作るのは楽しい。だけど他人の小冊子を作るのも楽しかった。元ネタは、ブログ。彼女の狙いに合わせて、彼女のブログから、記事を7つピックアップしました。それを縦書きに合わせて、私がちょこっと修正する。元ネタはいじりません。語尾などちょこっといじるだけ。楽しいですよ〜。あなたも興味ありますか?ご自身の紙の冊子。もし興味がおありでしたら、モニターになりませんか?今だけ激安価格で、あなたの小冊子、お作りします。お問い合わせはこちらからどうぞ!

「たったひとりに向けて書く」その意味とは?

文章は、たったひとりに向けて書け。こんな言葉、聞いたことありませんか?ブログやメルマガの文章を書くとき、ついつい忘れがちなのが「読む相手はたったひとりである」ということ。ブログだと読者数、メルマガだと配信数にばかり目が行ってしまい、「ああ、1000人の読者が読むと思うと」なんて自分を追い込んだりしてね。よく思い出してみてください。あなたは誰かのブログを読むとき、「誰かと一緒に」読みますか?届いたメルマガを読むとき、誰かと一緒にそれを読みますか?違いますよね。自分ひとりで読みますよね。それって手紙と同じ。手紙だと宛名はひとりなのでわかりやすいのですが、手紙以外になるとついつい忘れてしまうのがこれ、「読む相手はたったひとりである」ということ。「読むときは誰もみなひとり」でもいいです。忘れないでください。あなたが書いた文章を読むのは、「たったひとりの人間」なのです。本日、嬉しい報告がきました。おおたけさん!彼女のために書いてないのに響いたみたいです!わたしは昨日セッションした○○さんに書いたんですw書き手がある「ひとりのため」に書いた文章を、別の人が読みました。その人が「あれって私の事ですか〜?」と書き手に聞いてきたというのです。よく言いますよね。1つのクレームの後ろには、100個のクレームがある、と。人間、考えることなんて大体似たようなものなんですよ。誰かに向けて書いたことが、別の人にも当てはまるなんてことはよくあること。だから、「たったひとりに向けて書く」ほらね、ちゃんと意味があるでしょう?